「キューポラのある街」の舞台になった川口市は住みやすい街

カテゴリー
「埼玉都民」の居住地・川口
都心に通勤便利なベッドタウン
日本最大の特例市
首都圏随一の「ものづくりの街」
映画「キューポラのある街」で語られた川口の横顔
工場跡地利用の宅地開発
大型商業施設の出店相次ぐ
劇的な治安の向上
ベッドタウン機能が高い街
日本でも珍しい、「特急が停まらない市」
鉄道路線をバス網がカバー
日本有数の高層マンションがある街
再開発によるマンション建設ラッシュ
今どきの団地も豊富
ベッドタウンの中では家賃相場が安め
カーライフに便利な立地

「キューポラのある街」川口に住む

埼玉県川口市は、ある映画の舞台として有名な街です。若い人は知らないかも知れませんが、かつて大ヒットした「キューポラのある街」という映画。まさにその映画の舞台になったのが川口市です。「キューポラのある街」は1962年に公開されました。キューポラとは鋳物を作るときの鉄の溶解炉のことです。川口市は鋳物工場が多かったために、映画の舞台になったということです。


しかし、それは今から50年近くも前の話。現在の川口市は東京のベッドタウンとして、すっかり生まれ変わっています。通勤に便利、住宅地が増え、大型商業施設ができています。住みやすい街として、人気があります。東京近郊で住まいを探すなら、川口市を候補にしてみましょう。都内よりも安くて、いい物件がたくさん見つかるのではないでしょうか。


埼玉県というと、ちょっと田舎のイメージを持つ人がいます。しかし、それも昔の話です。今は見違えるほどに近代化して、都内と変わりないほど便利な暮らしができます。むしろ家賃などが安い分、住みやすいはずです。ファミリーなら一戸建ても夢ではありません。子供を育てるのにいい環境がある川口市がおすすめです。


「キューポラのある街」川口に住む

「埼玉都民」の居住地・川口

「埼玉都民」が住む川口市は東京都のすぐ隣の街です

ベッドタウン機能が高い街

ベッドタウンとしての条件を備えた街が川口市です